8日と18日はお米の日

エキストラバージンオリーブオイル・酵素玄米・からだ蘇る熊野の玄米

ようこそ ゲスト 様

新規登録

エキストラバージンオリーブオイル・酵素玄米・からだ蘇る熊野の玄米

河瀬璃菜さんに聞く 猪肉の美味しいレシピ

フランス料理の食材として使われることが多く、欧州では高級食材であるジビエ。最近では日本国内でもよく見るようになってきましたが、まだ一般家庭で使われるほど広がってはいないのが実情です。

馴染みの薄いジビエですが、ご家庭で簡単に美味しく食べられるレシピを、ご自身もジビエ肉が大好き!という人気料理研究家の河瀬 璃菜さん(りな助)に教えていただきました。

ご家庭で簡単に作れますので、ぜひお試しください!

材料

いのししひき肉 … 250g
玉ねぎ     … 1/2個
卵       … 1個
パン粉     … 20g
牛乳      … 大さじ2
塩       … 2g
コショウ    … 少々
ナツメグ    … 少々
小麦粉     … 適量
サラダ油    … 適量

作り方(2個分)
手順① 玉ねぎはみじん切りにし、600wの電子レンジで2~3分加熱したら粗熱をとる。パン粉は牛乳にひたす。
手順② ボウルに、肉、玉ねぎ、卵、パン粉、塩コショウ、ナツメグを入れたらよく混ぜ合わせ、小判形に成形したら、表面に小麦粉をまぶす。
手順③ 中火で熱したフライパンにサラダ油をひき、2の表面にこげ色がつくまで焼いたら、お湯(大さじ2)を入れ蓋をし、8~10分弱火で加熱する。
手順④ ③に竹串をさし、透明の肉汁が出てきたら、完成。お好みのソースをかけていただく。

しっかりとした旨味を感じられるいのししのひき肉。コリッとした脂の食感も楽しい1品です。
臭みなどは一切ありませんが、豚肉とはまた違う力強さが癖になりますね。
スパイスなどとの相性もいいので、餃子や、ミートソースなんかにも使えそう!


材料(二人分)

いのしし肩ロース肉(スライス4mm)… 200g
ゴマ油 … 適量

[A]
すりおろし生姜  … 小さじ1
すりおろし玉ねぎ … 1/4個
醤油       … 大さじ2
みりん      … 大さじ1
酒        … 大さじ1
ハチミツ     … 大さじ1

下準備

・いのしし肉は筋切りする。
・いのしし肉を[A]に15分ほど漬ける。

作り方
手順① フライパンにゴマ油をひき、いのしし肉をのせたら火をつけ、中火で焼き色がつくまで焼き、一度取り出す。
手順② ①に[A]を入れ、煮詰まったらお肉を戻し入れ、タレを絡める。

甘辛い生姜だれと旨味の強いいのしし肉の相性は抜群!ご飯がついつい進む味わいです。
美味しくいのしし肉を食べるコツはしっかりと筋切りをすること。また、玉ねぎのタレに漬けることでお肉を柔らかくしてくれますよ


河瀬 璃菜 RINA KAWASE

フリーの料理家。
福岡→東京
レシピ、六次化商品開発、コンサル、執筆、取材、イベント、TV,CM出演、料理教室、撮影、プロデュース等、食にまつわる何でも屋。美味しいお店、レシピ発信中
鮨、サウナ、筋トレ、漫画が好き!

著書 
ジャーではじめるDETOX WATER
決定版!節約冷凍レシピ
発酵いらずのちぎりパンなど
新著☆神レンチン あなたにやさしい電子レンジレシピ