エキストラバージンオリーブオイル・酵素玄米・からだ蘇る熊野の玄米

ようこそ ゲスト 様

新規登録

エキストラバージンオリーブオイル・酵素玄米・からだ蘇る熊野の玄米

 

非IH・酵素玄米炊飯器
酵素玄米Labo

111

酵素玄米labo

 

 

 

酵素玄米Labo玄米を美味しく

 

非IH超高圧酵素玄米炊飯器Labo

 

購入者の94%がその炊き上がりに「満足」と回答した(※)酵素玄米炊飯器の実質的な後継モデル。
簡単操作で美味しく安全に酵素玄米を楽しめる、コンセプトはそのままに、品質改良と最新テクノロジーを搭載して、さらに進化した酵素玄米炊飯器が完成しました。

※購入後、半年~1年経過した方へのアンケート調査(弊社調べ)
詳しい調査結果は>>>こちら<<<

 

 

酵素玄米Labo酵素玄米って何?

 

“酵素玄米”とは、玄米を美味しく食べるための、炊き方・食べ方のことを言います。
玄米に小豆と少量の天然塩を加えて炊き上げて、炊飯器などで3日間程度そのまま保温することで、玄米がモチモチと柔らかくなり、香りも良くなって、とても食べやすくなるのです。
まるで、お赤飯かおこわのように食べられますので、玄米は苦手だけど…という人からも人気があります。

 

酵素玄米って何?

 

玄米の胚芽の部分に含まれている酵素、小豆のポリフェノールやサポニン、塩のミネラルなど健康に欠かせない多くの成分を摂ることができることから注目されている、健康づくりのためのいま大注目の玄米の食べ方です。
「酵素玄米ごはんを食べるようになってから、風邪を引かなくなった」とか、「産後ダイエットに酵素玄米ごはんだけを食べ続けた」等々、テレビや雑誌などで、有名な人気タレントさんが酵素玄米ごはんの魅力を語ることで人気に火がつきました。

 

 

 

酵素玄米をかんたんに美味しく

 

 

酵素玄米Labo超高圧1.8気圧

 

超高圧1.8気圧酵素玄米Labo

 

圧力鍋で炊いた玄米のような、ふっくらモチモチとした玄米に炊き上げるために、国内最高レベル1.8気圧の超高圧を実現した“圧力炊飯器”です。
さらに、美味しい酵素玄米にするための、職人レベルの炊き上げの技をテクノロジー化した最新の炊飯プログラムを搭載しました。
これまでの炊飯器では味わえない食感の酵素玄米に炊き上げます。

 

酵素玄米Labo進化65分

 

お料理に時間をかけたくない方や、急いで玄米を炊きたいときに便利な機能「早炊きモード」が搭載されました。
玄米と小豆が持つ酵素を最大限に活性化させる独自の炊飯技術で、スピーディ且つ美味しく炊き上げます。

 

 

酵素玄米・玄米(4合)… 85分
(前モデル比 20分短縮)
早炊き       … 65分
(前モデル比 40分短縮)

 

 

酵素玄米Labo熱対流

熱対流でムラ無くふっくら

 

内なべの形状が改良され、円を描くような熱対流で、包み込むように炊くことで、熱ムラの無い美味しい玄米を炊き上げます。

 

 

酵素玄米Laboワンタッチ操作

 

クルッと回してポン!かんたん操作

 

美味しい酵素玄米を炊くために、必要な炊飯器の操作はたったの1回。内なべを炊飯器にセットして蓋をしたら、炊飯器正面の「酵素玄米」ボタンを1回押すだけ。

 

<炊飯時間の目安>
3合  …  約80分
4合  …  約85分

 

酵素玄米Laboダイヤル操作

 

くるくるダイヤル操作

 

発芽玄米や白米など様々な炊飯メニューの選択や、温度調整や時間調整などの操作は、炊飯器正面のダイヤルを回すことで選択・操作できます。
音声ガイドも付いていますので、直感的に操作もしやすくなっています。

 

 

酵素玄米Labo発芽玄米

 

胚芽やぬか層を残している”生きたお米”である玄米は、水に浸しておくと胚芽部分から発芽します。
新しい命を産み出そうとするこのタイミングが、GABA(ギャバ)成分などが大幅に増えて栄養価が高まるとともに、通常の玄米より消化や栄養成分の吸収がよくなります。

 

発芽玄米

 

そんな発芽玄米ですが、ご家庭で作るには手間が掛かりすぎたり、市販の発芽玄米は発芽後に乾燥処理されていることで効果が得にくいのが難点。
ですが、Labo炊飯器の「予約炊飯」機能を使えば、簡単に作ることができます。

 

 

 

酵素玄米Labo優れた保温機能

 

炊き上がった酵素玄米ごはんをそのまま適温で保温を続けることで、酵素玄米ごはんの熟成が進み、より柔らかく消化の良い酵素玄米ごはんになります。一般的には3~4日目が食べ頃と言われています。※
酵素玄米ごはんを、美味しくそして安全に熟成させるためには、優れた温度管理と湿度管理が必要です。

※Labo炊飯器で炊いた酵素玄米ごはんは、炊いた直後から美味しく召し上がれます。

 

酵素玄米Labo優れた保温機能

 

Labo炊飯器は、常に最適の状態の熟成酵素玄米ごはんを早く美味しく炊くために、水分と温度管理を、きめこまやかに自動で制御します。
そのため熟成が進んでもベタつかず、パサつかない、ふっくらもちもちの酵素玄米ごはんを、お召し上がりいただけます。

 

酵素玄米Laboお好み設定

 

温度と熱量が調節可能な「おこのみ設定」を選択すれば、お米の種類や好みに応じた熟成具合がお楽しみいただけます。

 

 

酵素玄米Labo10通りの調理モード

 

通常の「白米」や「お粥」「赤飯」「炊き込みご飯」もできるので、Labo炊飯器が1台あれば、ほとんどの炊飯がカバーできます。
また、圧力調整機能も備えていますので、煮物や味がしみにくいお料理を、短時間で調理できるスグレモノです。

 

酵素玄米Labo調理例

 

 

酵素玄米Labo低温仕込機能

 

温度(25度~70度)と時間(1時間~48時間)を設定することで、パンの発酵、醤油麹・塩麹・甘酒、ヨーグルトなどの発酵食品作り、コンフィやローストビーフの調理、50度洗い、乾物のもどし、煮豆料理など、様々な料理を炊飯器1台で作ることができます。

 

酵素玄米Labo低温調理甘酒

 

 

 

酵素玄米Labo非IH方式

 

酵素玄米Labo非IH方式

 

国内大手メーカーのほとんどがIH方式に移行する中で、玄米の栄養成分と人体に影響を与えない“非IH”にこだわって、あえてヒーター式を採用しています。電磁波の影響が心配な方にも安心してお使いいただけます。
内なべの丸みある形状と炊飯技術により、全体に熱が伝わりにくい・炊きムラがあるなどの一般的なヒーター式のデメリットを解消しました。

 

 

酵素玄米Labo充実した機能と安全装置

 

 

酵素玄米Laboお手入れ

 

毎日使うものだから、お手入れのしやすさや・便利さ・安全を考慮して機能を充実させました。

 

■洗浄機能
お手入れしにくい本体内部を蒸気の力で自動で洗浄し(約20分)内なべや内部のにおいもとれて、すっきり衛生的。

■保温モードの選択
メニューに応じた最適な保温モードを自動選択して保温します。また、ボタン操作で「玄米熟成」「白米」「再加熱」の切替設定ができます。

 

■省エネモード
スタンバイ状態での消費電力を最小限に。省エネモードになると、緑の「eco」マークが点灯します。

■音声ガイド
操作の手順や大切なお知らせを音声で案内します。誤操作も防げるので安心!音量の調節、音声の取消も可能です。

■停電サポート
炊飯、調理、保温、予約中に電源電圧が切れた場合でも、停電が復旧した時に停電前の動作に復旧する便利な機能。

■20種類の安全装置
万が一に備えた充実の安心体制。 最新の構造と機能を持つ20種類の安全装置を装備しています。

 

 

バイヤーズアイ

 

進化した酵素玄米炊飯器。という触れ込みの通り、美味しい酵素玄米を簡単に炊くための機能の進化は素晴らしいのですが、実は細かな(?)ところでも嬉しい改善が見られます。

 

酵素玄米Labo音声ガイドの音量調整

満足度94%と高い評価をいただいていた前モデルですが、一方で「不満」として多くご意見をいただいていたのが「音声ガイド」
ガイドが分かりにくいということではなく、音量が大きすぎてウルサイ!というもの。
前モデルでは、音声ガイドのON/OFFしか選べなかったのですが、Labo炊飯器は音量調整(5段階)ができるようになりました。これは地味に嬉しい。

 

酵素玄米Labo高級感のあるエクステリア

そしてもう一つは“質感”の改善。
ボタンが固くて押し難い、ロックレバーが妙に重たい・引っ掛かりやすい、全体の部品の細かな作り込みが甘い、プラスチックぽくてチープな感じがする等々、前モデルで聞かれたご不満。
そうした不満を全て解消してくれていると言っても言い過ぎではないほど、見た目の質感、各パーツの操作感・質感がグレードアップしています。

 

酵素玄米Labo

 

酵素玄米炊飯器Pro2(右)と、Labo炊飯器(左)を並べてみました。サイズはLabo炊飯器が、奥行+3.5cm・幅+1.4cm・高さ+1.5cmと若干大きめです。

 

酵素玄米Labo交換用パッキンが付属品に
前モデルを使用していて一番多かった問合せ・クレームが、使い込むうちにお米がパサパサしてきたというもの。
結論から言えば、圧力パッキンの消耗による圧力漏れが原因であることがほとんどなのですが、お客様には交換時期がなかなかわかりにくいもの。

Labo炊飯器には、なんと圧力パッキンの交換時期を、音声ガイドとマーク点灯で教えてくれる機能が付きました。しかも、交換用パッキンが1個付属品で付いているという有り難さです。

 

 

 

世界初の酵素玄米炊飯器の開発を手がけ、大ヒット商品になった酵素玄米Pro2を産み出した開発者が、「もっと美味しく、もっと早く、もっと簡単に」とこだわって開発した渾身の酵素玄米炊飯器は、確かな進化を感じさせてくれました。

 

 

 

最新テクノロジーが感動的な酵素玄米ごはんを実現

 

酵素玄米Labo

 

撮影協力:くれは食堂(港区南青山3-8-26-2F)
モデル:堤 由起子

3980円以上のお買い上げで送料無料注意)本商品はポイント付与対象外商品です。

 

,,,,,,,,,

Labo炊飯器
¥73,440 (税込)
項目 仕様内容
電源 AC100V 50・60 Hz
消費電力 炊飯時:1040 W
保温時:104 W
調整装置圧力 81.06 kPa
安全装置圧力 166.7 kPa
大きさ(mm) 380(奥行)×270(幅)×280(高)
質量 5.9 kg
電源コード長 1.5 m
温度ヒューズ 167 ℃
容量 酵素玄米炊飯:2~4合
発芽玄米炊飯:2~4合
白米炊飯:2~6合
おかゆ:1~1.5合
付属品 計量カップ、しゃもじ、取扱説明書、かんたんガイド
型名 MM03JP
最大炊飯容量 1.08 L
区分名 F(電磁誘導加熱方式のもの以外 0.99リットル以上1.44リットル未満)
蒸発水量 66.0 g
年間消費電力量 118.3 kWh/年
1回当たりの炊飯時消費電力量 194.6 Wh
1時間当たりの保温時消費電力量 31.7 Wh
1時間当たりのタイマー予約時消費電力量 1.17 Wh
1時間当たりの待機時消費電力量 0.65 Wh
生産国 韓国/企画開発は日本(酵素玄米Labo株式会社)
1時間当たりの待機時消費電力量 0.65 Wh
注意事項 1回当たりの炊飯時消費電力量は「白米ふつう」メニューでの電力量です。
年間消費電力量は省エネ法・特定機器「電気ジャー炊飯器」の測定方法による数値です。
消費電力は瞬間に消費する最大の電力容量です。
この製品は日本国内用に設計されています。電源電圧や電源周波数の異なる外国では使用できません。
実際にお使いになる時の消費電力量は、使用頻度、使用時間、お米の量、ご使用コース、気温などによって変化しますので、目安としてご覧ください。